復縁体験談12「結婚は考えられない」と言われた私が、87日で復縁。そして、最高のサプライズが・・・

お疲れ様です。
復縁カウンセラーの宮脇拓哉です。

このたび感動的な体験談をいただきましたので、シェアしたいと思います。

復縁体験談12 HN 29歳さん

私と彼は、大学時代にチアリーダーとアメフト部員として出会いました。
試合後の打ち上げでです。
そこで意気投合して、社会人になってからもずっと……8年間も付き合ってきました。

お互いに28歳になり、二人ともそろそろ結婚を意識し始めました。
彼にも結婚願望があったのですが、いざ私が切り出すと、
「その相手に君は考えられない。マンネリ化して冷めている」
と言われてしまいました。

それから何度も話し合ったのですが、彼の答えは
「今のままなら、俺の答えは変わらない」
と……

付き合いもぎこちないものになってしまい、破局寸前のまま、
連絡を取り合わなくなってしまいました。

「このままだと彼と別れることになるかもしれない・・・」
そんな不安に駆られ、復縁サイトを巡回。

そんな中で、宮脇先生のサイトにたどり着きました。

サポート開始1日目

相談を始めた頃の私は取り乱していて、
「どんなアクションを起こせばいいですか!?」
と宮脇さんに詰め寄りました。

宮脇さんのメールの返信は、

「具体的な彼のアクションに関して言えば、今は何もしない方が良いです。
今は、自分自身を振り返りましょう。
その後で、彼をリサーチしていきましょう。」

と冷静なものだったので、拍子抜けしてしまいました。

私は、ちょっともやもやしていましたが、復縁大学マニュアルを読んでいくうちに、
先生のおっしゃる意味がわかり、その通りに進めていこうという気持ちになりました。

冷却期間の大切さが分かり、落ち着くことができましたが、
彼と連絡を取りたい気持ちは変わらなかったので、苦しい時もありました。

そんな時は、趣味や自分磨きに集中するように意識しました。
先生のサポートも利用させてもらいました。

私の場合は、冷却期間を機に、
学生時代からご無沙汰になっていたダンスに再開しました。

ダイエットになり、肌もキレイになり、
人脈も広がって、我ながらとても魅力的になれたと思います。
実際、街で男の人によく声をかけられるようになりました。

サポート開始80日目

そんなふうに2ヶ月半ほど過ごした頃、彼から
「久しぶりに会いたい」
とLINEがありました。

私は、先生に相談しました。

そうしたら、

「男性にとって結婚はプレッシャーです。こちらからは口にしないように」

という言葉をいただき、それを念頭に置いて、彼と会いました。

彼は私がきれいになったことに驚いてくれました。
私も付き合い始めの頃のように楽しくデートができて嬉しかったです。

サポート開始87日目~復縁成功

デートの後、すぐに来週もいつあいてる?

とLINEが来ました。

「土日ならあいてるよ。」

と伝えると、

「了解!また会おう!」

といわれ、翌週も会いました。

そして、食事のあと、公園をお散歩デートしたときに、

「××もう一度付き合ってくれないか?」

と復縁を申し込まれました!

私は、「うん」と頷きました。

この段階で、HNさんの復縁は成功しました。

後日彼女から、再度報告をいただきました。

後日談をいただきました。彼からプロポーズされたそうです!

先生ご無沙汰しております。HNです。

嬉しかったので、メールしました。

あれから、2ヶ月の間に3回デートを重ねた頃、
彼から、かなり高級なレストランへ呼び出されました。
夜景の見える最高の席をとってくれていました。

彼はまず、
「急かさずゆっくり考えさせてくれてありがとう」
と、私が結婚を急かさなかったことにお礼を言いました。

そして、

「君と結婚したい」
と真剣な表情で指輪を差し出してくれました。

その時、ウエイターさんが大きなケーキを運んできてくれて……!
すっかり忘れていたのですが、その日は私の29歳の誕生日でした。

彼が忘れずにいてくれたこと、そして最高のプレゼントをくれたことに、大感激しました。

復縁大学を始める前の私は、とにかく「彼に連絡をとらなきゃ!」という焦りでいっぱいでした。
そのまま突っ走って「結婚して!」と詰め寄っていたら、彼に選ばれることはなかったと思います。

離れてみてよかったのは、それだけではありません。
自分磨きでキレイになったことで、マンネリが解消されたことも、
復縁の大きなポイントになったのだと思っています。

私にとっては、別れ、そして、復縁活動は彼との仲を確かなものにするための
試練だったのではないかと考えています。

HNさん、これから復縁を始める方に一言お願いします。

今振り返ると、復縁活動を始めたばかりの頃の私は、今では考えられないくらい
焦ってパニックになっていた気がします。

もし、私のような人がいたら、是非、宮脇先生のプログラムに参加すると良いと思います。