【復縁体験談44】男性 5年の同棲の末、友達に戻されたが、112日で復縁成功。

MYさん 24歳

僕と彼女はネットの掲示板で知り合いました。

僕が動画の配信をしていて、彼女がその動画を見ていました。
それを機に、メールのやりとりが進み、
会って意気投合しつきあうことになりました。

彼女とは、5年つきあったのですが、

彼女から別れを告げられてしまいました。
「考えたんだけど、別れよう。」
と。

彼女は、

・約5年いたけど半同棲みたいになってお互い悪いところも見えてきて合わないと思った。
・喧嘩してもいつも追いかけるのは私だった。
・自分の非を認めてくれない。
・遊び半分でも突き飛ばされることもあって嫌だった。
・友達としてならいいけど、もう恋愛対象ではない。

と言いました。

しばらく言葉が出ずに泣いていた自分にティッシュを取ってくれたりしました。
彼女のほうは号泣という程ではありませんでした。

しばらく時間が経ったときにももう一度手を握ってくれ、強く握り返したらまた
泣いていました。手を自分のほうへ引き寄せると首を振り、そっと手を振りほどかれました。

元々自分も今の状態がいいとは思っていなかったので、
別れようと言われて、
「嫌だ、一緒にいたい」という言葉は言えませんでした。

一つ言えたのは「もう一度チャンスをちょうだい」でした。

断られた自分はその瞬間に復縁が頭をよぎりました。
彼女も頑固なタイプなので、押せばなんとかなるとは思わず、
その場はそれ以上求めませんでした。

友達としてなら・・という提案もあり、
元々友達としては居たくなかったのですが、
結局友達として生きる道を選択し、今後について話合いました。

僕は1ヶ月は、冷却期間をとらずに、友達として
つきあいを続けましたが、

胸が締め付けられるし、求めている関係性ではないのに、
彼女が笑顔を見せると、胸を締め付けられるような気持ちになってしまい、

自分だけでは、復縁を走りきれないと思い、宮脇先生の元に
たどり着きました。

復縁大学参加1日目・・・

先生は、こう言いました。

「あなたが、ズルズルとつきあっていても、彼女は
あなたを見直して復縁しようと思う可能性は低いです。
これを機に、自分を変えることが、復縁するための最善の選択です。」

と道を示してくださいました。

僕は、彼女といる間に言われた、
悪い部分やだらしない体を引き締めること。
また、会話や振る舞いを磨き上げるために、自分磨きプログラムにも参加しました。

僕が意識したのは、下記の3つでした。

・筋トレや、振る舞いを変えたこと。
・マラソンを続けて、腹筋を割りました。
・会話では、話をちゃんと聞くこと、
・彼女に言われた悪かった部分を全部改善したこと。

です。

復縁大学参加90日後・・・

彼女には、特に冷却期間と言うことをいうまでもなく、彼女の方から時折連絡はありました。

僕は、約3ヶ月は自分磨きに専念すると決めていたので、
その後は、先生からアプローチのためのアドバイスを請いました。

復縁大学参加112日後・・・

それを元に進めていくこと、

3週間、彼女の方から、またつきあおうと告白してくれました。

彼女を二度と失わないように、これからも
宮脇先生のマニュアルの教えを元に、結婚に向かって頑張っていきたいと思います。

コメント

宮脇拓哉
別れを拒むとき、全ての男性は彼女を追いかけてしまっています。しかし、女性は追いかければ追いかけるほど、逃げたくなってしまうのです。あな田はこのループに陥っていませんか?あなたが追いかけるのをやめて、魅力的になることを始めたとき、彼女の方から追いかけてくれるようになります。その方法は私の復縁大学に納められています。
メール講座入り口