【復縁体験談85(男性)】元彼に嫉妬しすぎて、フラれたが、5ヶ月で復縁成功

JS 41歳 男性

彼女とは、いつも利用しているカフェの常連どうしとして仲よくなりました。
年も近かったので(彼女が2歳年下です)、すぐに距離が縮まり、付き合うことに。

同じカフェに通っていただけあって、
インテリアや小物、音楽、料理の趣味が合い、
とても楽しく付き合いを続けていました。

しかし、僕には気に入らないことがありました。
彼女には、職場恋愛をしていた元彼がいて、今も同じ職場で働いているんです。

その元彼は、僕より良い感じの男でした。
同年代の中では収入が多めの彼女の上司で、
社内旅行の写真を見せてもらったら、ルックスもイケメンでした……

ついつい自分と比べてしまうと勝ち目がないように思ってしまいました。
そんなこともあり、彼女の元彼に対してコンププレックスを感じてしまいました。

ある日、彼女のスマホをたまたま見てしまい、
例の元彼とLINEをしていることを知りました。

仕事の打ち合わせだと言われましたが、信じることができず……

頭に血がのぼって、僕は彼女を責めました。そして、つい

「そんなにLINEをしたけりゃ、そいつとよりを戻せば良いだろ!」

と口走ってしまったのです。

別れたその日に後悔したのですが、後の祭り。

ブロックや着信拒否こそされていないものの、
LINEも電話も出てもらえない状態になってしまいました。

パニックになった僕は、手当り次第に復縁情報を調べまくりました。
そんな中、復縁大学へ辿り着いたのです。

【復縁活動1日目】

僕は、経緯を説明しました。

先生は、

「別れは彼女のせいでも元彼のせいでもなく、あなたのコンプレックス、自信のなさが原因のようにみえます」
「今の彼女は、あなたの嫉妬心や自信のなさに愛想を尽かしていると考えられます。
そうした印象を払拭するためにも距離を開け、ほとぼりを冷ましましょう。」

とアドバイスをいただきました。

【復縁活動2〜60日目】

また、

「彼女に会えるかも……」

と未練たらしくカフェに通っていることをつたえましたが、
それも逆効果なので控えるようにと言われました。

僕は、まるで、LINEも電話もせず、完全に音信不通の状態ではないか!
と恐怖におののいてしまいました。

「その間に元彼にとられてしまうのではありませんか?」

と思わず、不安をぶちまけましたが、先生は

冷静になってください。
とられるも何も、復縁はいす取りゲームとは違うのです。
彼女に選ばれる男性になることが何より最優先課題です。

彼女には彼女の意思があり、彼女も自分の幸せのため
に生きていることを忘れないでください。

焦る気持ちはわかりますが、焦りから生まれた行動が
復縁にプラスになるとは万に一つもありません。

と戒めをいただきました。

冷却期間中には、もっとも大切だと教えられた自分磨きに取り組みました。
緩んだ体型を引き締めようと、ダイエットを開始しました。
そして、収入アップのため、今の職場で役立にたつ資格を取ることにしました。

【復縁活動61〜90日目】

ダイエットの成果が出てきました。
小太りだった体型が標準体型に変わってきました。

ですが、それだけでは、まだ不十分なため、
次は筋トレに取り組むことにしました。

資格の勉強は、上手くいきませんでした。
なぜなら、筋トレのあとは疲れてしまうからでした。

試験に落ちた僕を、宮脇先生は

「落ち込むことはありませんよ。あなたは成長しています。
我慢強く取り組んでいけば、必ず資格を取れる日が来ます」

と力強く励ましてくれました。

【復縁活動91〜120日目】

試験勉強の環境を変えてリフレッシュしようと、
勉強場所を自宅から図書館に移すことにしました。

彼女と会えることを期待して、カフェで勉強するよりも、勉強が捗る
という考えからでした。

筋トレも、変わらず頑張り続けました。
体脂肪率が15%まで落ち、引き締まった印象になりました。

体型が絞れると自然おしゃれしたくなったので、
百貨店へ行ってショップで店員さんにアドバイスを受け、
ファッションの雰囲気も変えていきました。

【復縁活動120〜130日目】

先生に言われた期間が過ぎたので、勉強場所をカフェにかえることにしました。
そうして2週間たった頃、カフェで試験勉強をしているところに、彼女がやってきました。

顔を合わせたのに無視をするのも変なので、
「久しぶり」
と挨拶をしました。

彼女は、僕の見た目が変わったことにかなり驚いた様子でした。
しばらくポカンとした後、
「久しぶりだね……」
と返事をして、僕とは離れた席に座りました。

以後、ちょくちょく彼女と顔を合わせるようになりました。
挨拶だけの関係ですが、また話せるようになって嬉しかったです。

【復縁活動140日目】

資格試験に受かりました!
カフェのマスターに報告をしていたところ、
ちょうど彼女がやってきました。

話の流れで、僕が試験に受かったことを告げると、彼女は
「すごいね。おめでとう」
と笑顔で返してくれました。

そして、久しぶりに同じ席になり、コーヒーを飲みました。
久々の彼女の近くでつい緊張してしまいました。
しかし、努力が報われた自信があったので、堂々と彼女と話をすることができました。
カフェに新しく入ったインテリアの書籍を見ながら、30分ほど家具について話をしました。

【復縁活動141日目】

彼女とカフェで話をするようになりました。
特に約束はせず、偶然会ったときに相席をする感じです。

次の資格試験の合格したことを伝えると

彼女は
「Jくん(僕)、すごく変わったね」
と驚いた様子でした。

ダイエットと資格試験の成功で、
僕はかなり自分に自信がついていたので、

「自分を変えたくて頑張ったんだ。いい男になってきたと思う」

と話しました。

彼女は、
「そうだね。素敵になったよ」

と言ってくれ、別れてから初めて
「来週、同じ時間にまたカフェで会えないかな?」
と誘ってくれました。

【復縁活動148日目】

彼女とカフェで待ちあわせをしました。
いつもよりオシャレをして行った僕に、

彼女は「カッコいいね」
と褒めてくれました。

この日は彼女と会うのが目的だったので、試験勉強はせず、
付き合っていた頃のように、音楽やインテリア、料理について楽しく語りました。

彼女は、
「こんなに話が合うのはJくんだけだよ」
と言ってから、

「私は、こうやって趣味の話ができるJくんと、また付き合いたいなって思ってる。
でも、私がいると、嫌な思いをさせてしまうよね……」

と、悲しそうな顔をしました。

僕は、
「別れたのは、全部、僕の根性が歪んでいたせいだよ。
でも、自分なりに勉強やダイエットをがんばって、自信がついてきたんだ。」
と、素直な気持ちを伝えました。

彼女は、僕の気持ちをまっすぐに受け止めてくれました。
「それなら、またつき合ってもらえるかな?」
と尋ねてくれたので、

僕は、

「もちろん。よろしくね」
と答えました。

彼女が涙を流したので、驚いてしまいましたが、
僕まで、もらい泣きしてしまいました。

復縁できて本当に良かったです!

【復縁大学に参加してみて】

彼女に振られたのは、男性としての魅力が下がっていたからだったのだと、今ならよく分かります。
しかしそれは、復縁大学で宮脇先生に指摘と指導をしてもらったから気づけたんです。
一人だったら、ダイエットにも資格試験にも取り組まず、今でも自分のコンプレックスから逃げ続けていたと思います。
このままの僕だったら、復縁は無理だったでしょうね。

宮脇先生のアドバイスは時に厳しく感じることもありますが、その通りにすれば、うまくいきます!
少なくとも僕はそうでした。本気で復縁したいと思う人なら、宮脇先生のプログラムは相性が良いと思います。
聞く耳のない人や独りよがりの人は向かないと思います。

コメント

宮脇拓哉
彼の成功のポイントは、自分が嫌だと思うことも、復縁の為に・・・と正しい行動に突き進んだことです。復縁活動を本気で進めようとすると、おそらく、あなたにとって、不快と思うような行動をとらないといけないことがあります。例えば、筋トレやダイエットも、本能ベースで言えば、面倒くさいしやりたくないことだからです。冷却期間だって本能ベースではとりたくないという人がほとんどです。ですが、私は過去に何千何万と復縁したい方の相談に乗っており、成功させているからこそ、伝えているので、安心して欲しいです。彼は、自己評価が低く、不安に陥りやすい傾向がありましたが、上手にサポートを活用し、弱い自分を克服することができました。復縁を通して、男性として一皮むけることができ、私も嬉しく思います。

追伸:

● どんな絶望的な状況でもご相談受付中です。セカンドオピニオンも可能です。
>>>「今すぐ復縁相談する

●復縁成功者の実際の体験談を知りたいなら・・・復縁成功者50人の実体験

●こんな時どうやって切り返せば?気になるなら・・・38の切り返しテクニック

●LINEでアプローチがしたいなら・・・LINE例文集

● 短期間で内面と外面を高めたいなら・・・自分磨きプログラム

●とぎれなくLINEでやりとりしたいなら・・・アンリミテッドライン