会えているときのLINEはどう使う?

会えているときのLINE
はどうやって使えば良いのでしょうか?
について解説していきたいと思います。

会えているならLINEは余り使わない方が良いです。

常にLINEで繋がっていると、復縁できるんじゃないか?
と考える人が多いです。

ですが、その考えは復縁を遠ざけます。会えているなら、LINEは最小限度の方が良いです。
ですが、その理由がわからないとモヤモヤしますよね。

そこで、その部分について解説して行きたいと思います。

理由1:会える場合、男性は返事をしないことが多いから。

会えている場合、LINEは最小限度で良い理由は、

男性は、「会えることが決まっているのに、なんで、わざわざ雑談しないといけないの?」

と考えるからです。他にも、「ようするに、そんな話はあったときにすれば良いのに、なんで?」というのが実際の声として多いです。

普段会うことが出来ないから、LINEでやりとりするしかないなら、わかります。
ですが、会えている場合、LINEでアプローチすること自体が、彼にとって不可解に感じさせることも結構多いです。

このような理由から、復縁したい相手が、職場で、私語厳禁で厳しいような場所ではない、普通の職場。
学校などで会えるのであれば、わざわざ、LINEで連絡を入れない方が良いのです。

そう言うときは、なるべくあっての会話で距離を縮めていきましょう。

理由2:相手からすれば、既読も返事の内と考えている

既読スルーされた側は結構凹むものですが、スルーする側は、純粋に忘れているか、忙しいことがほとんどです。

あなたが、相手に迷惑や不愉快な思いをもたれて、嫌悪されてしまっている場合には、意図的に既読スルーされる場合もありますが、そうでもない限りは、「純粋に忘れているか、忙しい」と考えられます。

よって、会えるような状況であれば、既読スルーリスクを回避するためにも口頭で会話することを目指していった方が良いです。ただ、そういうとあなたはこう聞きたくなるかもしれません。

「でも、LINEの方が恥ずかしくないし、緊張しなくて楽です」と。

この考えは余り良いものではありません。
なぜなら、LINEというのは、必ずしも相手が見るとは限らないからです。

楽に送ることが出来ると言うことは、相手も楽に対応することが出来ると言うことです。
その「楽」はあなたにとって必ずしも良い方向とは限りません。

LINEは必ず相手に通じるとは限らない

確かに、あなたは、拒絶されるリスクや、緊張不安など様々な理由から、面と向かうことが怖い心理状況かもしれません。
仮にそのような心理状況であれば、アプローチ自体をしない方が良いと言うことになります。

仮にそう言う状況で、LINEで送っても、返事がなければ、あなたの心理状況は悪い方向に進んでしまいますし、返事があったらあったで、準備が出来てないので、やはり不安な心理状態になるからです。

ですので、余りにネガティブが強いようなら、時間を空けた方が良いと言うことになります。

ですが、多少の緊張程度であれば、誰にでもあるものです。
それくらいならば、気合いで乗り越えて、実際に話しかけた方がうまくいくことが多いです。

よく、「LINEで返事が来ません」というご相談をよくよく聞いてみると、会える関係性だった。

こういうケースはかなり多いです。

もし、あなたが、会える環境において、「LINEで返事が来ません」ということであれば、
実際に話しかけて、軽く、「LINEで話した件なんだけど・・・」と前振りを入れたり、
LINEで入れた質問内容を口頭でしてみた方が良いです。

そうすることで、あなたの知りたいことに答えて貰えたり、返事をダイレクトにもらうことが出来るからです。
そこまでを踏まえて、LINEをどうすれば有効活用できるかという話をしたいと思います。

どうすれば、LINEを有効活用できるのか?

あくまで、あなたと彼が会える環境、関係性においてという話になりますが、
ある程度会話で、誘いの内容なり、共通の話題で暖めておいて、その後に、LINEで確認を入れるという使い方がベストになります。

例えば、会話で、ライブに行く話で盛り上がっておいて、詳細ラインするね。

と伝えておいて、その後に

「×月×日、◇◇◇駅に×時に集合ね」

と伝える。とか

熱帯魚や海洋生物の話題の会話で盛り上がった後で、

「そういえばさ、水族館で、××が見れるんだってさ」

というようにLINEで入れて、そこから、誘いをかける。

というように、LINEの手前で、ある程度会話などで関係を暖めておいた後で、LINEを入れるのです。

このようにすると、相手の熱が上がっている状況なので、レスもはやくなりますし、既読スルーされる可能性が低くなります。最初から、LINEで進めると、相手のあなたに対する温度が下がったままということになり、
反応されない、忘れられてしまう、忙しい事柄を優先してしまうことが多いです。

会える関係性、距離感の場合には、出だしは、会っての会話を意識するようにしてください。

~まとめ~

今回、会えている場合のLINEの使い方について、解説しました。女性の傾向として、雑談もLINEでやりたい。
そんな人が多いのですが、それを相手でやると多くの場合状況悪化を招きます。

会えているなら、LINEは会うためのツールと割り切った方が結果的にはうまくいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です