執着と好意の違いとは?

あなたの復縁したい気持ちの源泉は執着でしょうか?好意でしょうか?
好意なのか執着なのかわからないという人は意外と多いです。

その違いについて今回考えたいと思います。

実際、気持ちというのは形がないものなので、判別は難しいと思います。
今回の判別方法も1つの答えに過ぎません。

他の判別方法もあるかもしれません。
あくまで、私の現段階での経験則を言語化したものとなります。
あなたの自分自身の気持ちをクリアにする一つの手段と考えてください。

では、執着と好意の違いについて見ていきたいと思います。

好意か執着か?それは、あなたの気持ちの解釈の問題。

実は、「好意なのか執着なのかわからない」というのは、あなたの解釈の問題です。
ですので、これがわかっても、何が変わるワケでもありません。

ですが、それをあなたの中で、どちらか認識することによって、何をしていけば良いのか?
ということの指針が見えてくると思います。

執着=自己洗脳

執着というのは、言葉ベースです。すなわち、「復縁したい」と言葉や思考でたくさん繰り返した結果、染みついた言葉が、テープレコーダーのように連呼されているようなイメージでとらえてください。

いわば、言語での反復による、自己洗脳。見せかけの好意という風に考えても良いでしょう。
執着している間、復縁活動を進めても思うように進まないので、捨てた方が良い

と言うことになります。

好意=パッとおりてきた感情

それに対して、好意は、イメージベースです。

ふっとある場所に行ったら、過去の光景を思い出して、思わずほほえましい気持ちになった。
それで、彼に純粋に幸せになってもらいたい気持ちがわいてきた。好きな気持ちを思いだした。
というように、言葉よりも、ふと出てきた感情ととらえると違いを判別しやすいと思います。

執着している人というのは、何度も、言葉ベースで「復縁したい。」とか「結婚したい」とか「つきあいたい」
こういう単語を思考ベースで何度も繰り返していることが多いです。
その際、イメージというのは、余り使われていません。

言葉と思考が、何度も何度も頭の中で反復されるので、そこに感情が伴いにくいのです。
感情が伴っていないから、よりいっそう混乱してしまうことも多いです。

それは、思考と感情がかみ合ってない自分自身に矛盾を抱いてしまうからです。
そうすると、思考ばかりどんどんフル稼働して、思考が堂々巡りして、良くない方向へと流れていってしまうことが多いのです。

こうして、執着を持っていると、ポジティブ感情・ポジティブ思考よりも、ネガティブ感情・ネガティブ思考の方がわき出やすくなるわけです。

執着=苦しい、好意=明るい気分になれる

それに対して、好意の場合には、ウキウキしてきます。

例えば、

・たまたま、彼とあって、楽しい会話ができたら、「あぁ、心が温かくなった。」「やっぱり、好きなんだ。」と心の底からわいてきた。とか。

・彼と一緒におしゃべりをよくしたカフェを通りがかったら、楽しかったときの記憶が思い出された。「あの時は楽しかったなぁ。」とか。

そういった場合は、好意と考えた方が良いでしょう。このように好意に基づいている場合、明るいイメージ、ほほえましいイメージがわいてくる結果、好ましい自分磨きが何かを見つけやすくなり、彼が思わず笑顔になるようなメールが思いついたりしやすいです。

執着=自分目線

執着に基づいている場合、自分目線に基づいていることが多いです。

(自分が)復縁したい。

(自分が)つきあいたい。

(自分が)結婚したい。

と多くの場合、「自分が、自分が」となっていることがほとんどです。そのため、彼の都合や気持ちよりも、自分優先で行動しやすくなります。したがって、執着が強い方は彼の気持ちを考えないままに行動してしまい、状況を悪くさせてしまうこともあります。

好意=相手目線

逆に、好意に基づいている場合には、相手目線で考えやすくなります。

彼は、何を求めているんだろう?

彼は、どうすれば幸せになるだろう?

彼はどうしたら、喜ぶだろう?

というように、相手目線にたってかんがえる傾向が強まります。

相手目線に基づいた提案や連絡の場合には、彼にとって、メリットや快をもたらす話題になりやすいので、やりとりが続きやすくなります。このあたりでまとめたいと思います。

執着と好意の違いのまとめ。

判別法1:言葉ベースの好き、復縁したい、結婚したいは執着。イメージベース。心がほっこりするなら、好意。

判別法2:自分目線なら、執着。相手目線なら、好意。

あなたの彼に対する気持ちはどちらでしたか?

もし、執着だった場合には、一度、彼からフォーカスを外し、趣味や仕事、友人との交流、他の異性を見た方が良いです。
人によっては、時間がかかるかもしれません。

ですが、執着が優位にあるときには、アプローチをしたり、連絡をするよりも、あなた自身のコンディションを高めて行かれた方が得策だと思います。

 

メール講座入り口